外壁の雨漏りを調査するなら赤外線カメラ調査が最適

プロに雨漏り調査を依頼する必要性とは?

雨漏り調査とは、その名の通り雨漏りしている箇所を調査することです。雨漏り箇所を特定して、必要に応じて修理や補修することができます。目視調査などは誰でも簡単にできそうですが、豊富な経験と確かなスキルが必要になります。業者でも目視調査だけでは、正確に雨漏り箇所を特定することが困難です。そのため、目視調査だけでなく、様々な調査をして雨漏り箇所を特定していきます。ですから、経験豊富な業者に雨漏り調査を依頼する必要があります。

外壁の雨漏りの調査は赤外線カメラで!

赤外線カメラ調査とは

業者

外壁の雨漏り調査をするなら、赤外線カメラ調査がいいでしょう。高感度の赤外線カメラで外壁を撮影して、温度差で雨漏り箇所を調べる調査方法です。同じ場所、同じ角度から外壁を撮影して、極端な温度差がある場合、何らかの異常が発生していると推測し、そこから雨漏り箇所を特定していきます。

赤外線カメラ調査の5つのメリット

建物を傷つけない
赤外線カメラ調査では、撮影をするだけなので、外壁や屋根、内装を傷つけることなく調査することができます。
短時間の調査
通常雨漏りの調査には時間も手間もかかりますが、解体や復旧作業がないために、調査時間は4~5時間程度で完了します。
足場が不要
赤外線カメラによる撮影で雨漏りを調べるので、足場を設置する必要はありません。ただし、撮影するための距離が確保できない場合は作業者を使用します。
科学的な調査ができる
時期によっては長期間雨が降らないこともあります。外壁が乾いている状態でも、水分の滞留を調べることが可能です。
工事の範囲を特定できる
調査したい場所をピンポイントで調べることができます。そのため、余計な解体はせずに、工事の範囲を特定できることもメリットの1つです。

外壁からの雨漏りを疑っている方へ

外壁からの雨漏りを素人が特定することは困難です。しかし、経験豊富な業者に赤外線カメラ調査を依頼すると、外壁面の水分滞留を可視化できるので、短時間で正確に特定することができるでしょう。雨漏りの調査を依頼したいと考えている方にオススメの調査方法です。

TOPボタン